東京 多摩 水と緑と学びのまち 昭島(あきしま)



昭島について一覧



東京多摩西部 都心より約35km
JR青梅線、八高線、五日市線、
西武拝島線が乗り入れています。



昭島と水
昭島市の水道は100%地下水を水源としています。
大変良好な水質でミネラルウォーターと変わらぬ美味しさです。この水を求めて市外から移住してくる方もいるほどです。
また、用水や湧水も豊富で、水道だけでなく景観もまた「水の街」に相応しいといえます。

水の街、水のある風景水

  • 玉川上水・・・江戸時代のはじめ、多摩川の水を飲料水として江戸市中に供給する目的で開削された上水路。
  • 下の川・・・・多摩川から取水した農業用水の一部と数か所の湧き水が流れ込む川。龍津寺の湧水は東京の名湧水57選にも選ばれています。
  • 昭和用水・・・多摩川を水源とし、昭島市の水田、畑、樹園地を潤しています。
  • 多摩川・・・・多摩川とその河川敷は規模の大きな水と緑の空間を形成し、様々な生物が生息しています。
  • 諏訪神社・・・神社の崖下の湧水は、東京の名湧水57選に選ばれています。「宮の沢」と呼ばれ、地名「宮沢」の由来とされています。
  • わさび田・・・宮沢町の水源は、今もわさび栽培が行われています。

昭島とくじら
昭和36年(1961年)の夏、市域の多摩川から、全長16mにも及ぶくじらの化石が、ほぼ完全な形で発見されました。
160万年前の地層から出土したとされ、100万年以上前のくじらの全骨格がほぼ完全な形で発見されたのは世界でも初めてだと言われています。
その化石は「アキシマクジラ」と命名されました。
 昭島は、くじらをシンボルにしたもので溢れ、「昭島市民くじら祭」などのイベントでにぎわっています。


ロケの街、あきしま ~昭島ロケーションサービス~

昭島ロケーションサービスでは地域の活性化と魅力発信のためロケーション撮影の誘致を積極的に行っています。撮影現場の下見や立会い、ロケ弁の手配など制作者がスムーズに撮影できるように様々な業務を行っています。
市民の方や昭島を応援したいという方に登録していただき、制作側からエキストラ要請がかかった際に無償ボランティアとして出演をお願いしています。

昭島ロケーションサービス、専用サイトはこちら

クリケットの街、あきしま

クリケットとは、野球の原点といわれるバットとボールを使ったイギリス発祥のスポーツです。
昭島観光まちづくり協会が新たな地域ブランドの1つとしてクリケットの普及に取り組んでいます。
「昭島市長杯」など年間を通して、さまざまなイベント開催しています。

クリケット特集ページはこちら






一般社団法人
昭島観光まちづくり協会

〒196‐0014
東京都昭島市田中町562-8
昭島昭和第一ビル202
TEL:042-519-2114
FAX:042-519-2144

GetAdobeReader